dr-machida.com
足と靴の医学 / 整形外科医師 : 町田英一
2017年10月16日更新

厚底靴に関する質問集


厚底靴でケガをする人が多いのですか?
 駅、繁華街の近くの病院では毎日の様に足の捻挫の人が来院します。その内で女性は数年前から厚底靴が原因の人が見られる様になり、しだいに増えています。

厚底靴ではどんなケガが多いですか?
足関節の捻挫、骨折が主です。手をついて転倒して手首の骨折してしまう人もいます。
捻挫とは骨が正常で靱帯、関節包などが傷つくことを言います。足関節は捻挫を簡単に考えてはいけません。足関節の捻挫は色々なタイプがあり、ほとんどは自然に治るのですが、時には骨折よりも難しい事もあります。また、捻挫を繰り返すと重症になります。

 足関節の重度の捻挫では靱帯が切れます。ほとんどの場合はもとどうりに治るのですが、靱帯が伸びたまま治ると捻挫を繰り返し易くなります。また、足関節の軟骨が削れてしまうことがあり、歩く時の痛みが続きます。軟骨はレントゲン写真では写らないので、医師に「なんでもない」と判断されてしまうことがあります。MRIを撮影すると明らかになります。

1999年9月には神奈川県海老名市の若い女性が頭を打って死亡しました。1999年11月1日に茨城県ひたちなか市で厚底ブーツで運転、事故をおこし運転者は重傷、同乗者を死亡させるという事故がありました。2000年2月11日には高知県土佐市で、23歳女性の運転するの乗用車が中央線を越え、軽自動車と正面衝突しました。この事故で、男性1人死亡、女性は重傷を負いました。圧底靴の運転者は軽傷でした。こうした悲惨な事件、事故は氷山の一角だと思います。

厚底靴はなぜそんなに危ないのですか?
 大きな問題が2つあります。まず体重をかけられる面積が狭い事です。人間の歩行は踵から床について足の裏の外側に重さが移り、最後に親指の付け根でつき、指で地面を蹴って前に進みます。ところが厚底靴では親指の付け根付近の狭い範囲だけで体重を受け、少しでも外れると足首を捻ってしまいます。
 もう一つの大きな問題は、厚底靴では路面の状況が判らないことです。足の裏は敏感なセンサーで、路面の段差、傾き、滑り易さを無意識のうちに感じながら歩いています。ところが厚底靴では路面の状態が判らないので、非常に危険なのです。
 1999年11月に厚底ブーツで運転、事故をおこし同乗者を死亡させるという事故がありました。運転者は「厚底ブーツがひっかかってブレーキが踏めなかった。」と言っているそうです。厚底靴では足の裏の感覚がまったく判らない事が本当の原因です。

厚底靴は外国でも流行しているのですか?
 厚底靴は数千年前から有り、ときどき流行りますが、あまりに危険なのでしばらくすると流行がすたれるのです。欧米ではおしゃれ靴は街中で履くのではなく、室内用なのです。そして実用的なコンフォータブル・シューズ(ドイツ語ではペクエム・シューエ)を用います。日本では室内では靴を履かないので街で履いてしまうのでしょう。
 欧米では極端なおしゃれ靴を街で履いているのは映画のプリテイー・ウーマン系の人が主です。

どうしたら厚底靴で安全に歩けるのですか?
 こうした極端なおしゃれ靴で歩けるのは平らな面をゆっくり歩くときだけです。街中では安全なサンダルを履いて、パーティー会場などだけで履くのが安全です。

厚底靴とハイヒールではどちらが良くないのですか?
 どちらも歩くためには良くないですね。厚底靴の最大の問題は足の裏の感覚が働かない事です。一方、ハイヒールの問題点は足の前の部分に体重が集中して、開張足から外反母趾になる最も大きな原因となる事です。

厚底靴は全身の健康に悪影響が有りますか?
 長期間厚底靴を履けば、歩きにくいので運動不足になります。運動不足は数々の生活習慣病の原因です。
中高年の女性は男性よりも明らかに骨粗鬆症からの腰痛、骨折が多く起こります。 骨粗粗鬆症の原因としてカルシウム不足が言われてあり、多くの皆さんが気をつけています。充分な量のカルシウムを食べるのは良いことですが、運動しなければ骨には付きません。
 運動不足から肥満、高血圧、、心臓病、糖尿病など多くの病気が起こります。今の中高年の女性が若い頃にはハイヒールが流行りました。そして、外反母趾ばかりでなく、多くの生活習慣病の原因になっています。今の厚底靴の流行が長く続くと将来が心配です。

町田先生は厚底靴の危険をいつから指摘しているのですか?
 テレビでは1998年8月2日「TBSテレビ  噂の東京マガジン 特ダネの真相 厚底娘はポックリポックリ歩く」からです。町田が出演し、厚底靴の危険性について指摘しました。雑誌では「危ない! 厚底サンダル.......」週間女性セブン1998年9月からです。
 2002年1月28日 「テレビ朝日 トゥナイト2」において、「厚底靴ブームが下火になって本当に助かっています。」とコメントさせていただきました。

ホームに戻る  / 次のページは健康法の迷信