dr-machida.com
足と靴の医学 / 整形外科医師 : 町田英一
2009年2月27日更新

巻き爪、陥入爪に関する重要文献集


古い順に並べています。先生方の御研究に役立てば幸いです。
間違いなどあれば町田にメールmail@dr-machida.comいただければありがたく存じます。
  1. Emmert,C,:Zur Opertion des eingewachsenen Zehennagels.,Centralbl.Chir.39,641-642,1884
    ドイツ語圏ではlabiomatricectomy(爪廓爪母切除術)をEmmet(Emmert) plastyと呼びます。この原書見たことありません。誰かお持ちでしたら見せてください。(注釈:町田)

  2. Taylor, Henry, Ling, : Ingrown toe-nail mechanically treated, J. Bone Joint Surg. Am., s1-9: 106 - 109, May 1896
    Heifetz's paper フックで軟部組織を引き下げて、ネイル・プレートの縁にスペーサーを挟み込む方法です。100年前に、陥入爪は機械的な疾患であると気づいていた古人を尊敬します。(注釈:町田)

  3. Watson-Cheynes W,A Manual of Surgical treatment (Vol.2),Longman Green & Co.27,1912
    英語圏ではlabiomatricectomyをWatson-Cheyne's operationとも呼びます。(注釈:町田)

  4. Heifetz,CJ:Ingrown toe-nail. Am.J.Surg.38,298-315,1937
    Heifetz's paper この論文のStage分類は今でも使われています。66年前の論文ですが、爪矯正以外は最近の論文とほとんど変わらないほど優れた内容です。(注釈:町田)

    Heifetzの陥入爪のStage分類
    First Stage: early inflammation of the nail-wall
    Secong Stage: period of drainage
    Third Stage: period of granulation


  5. 岡村龍彦,皮膚科泌尿器科学体系,Vol. 21,爪の疾患,南江堂,1939

  6. Newmann,R.W,A simplified treatment of ingrown toenail.Surg.Gynecol.Obstet,89,638-639,1949

  7. Frost.L.,Root resection for incurvated nail.,J.Nat.Ass.Chioropod.,40,19,1950

  8. Fowler,A.W,Excision of the germinal matrix:An unified treatment for toenail and onychogryposis.,Brit.J.Surg,45,382-387,1958

  9. Lloyd-Davies,R.W & Brill,G.C,The aetiology and out-patient management of ingrowing toe-nails.,Br. J. Surg.50,592-597,1963

  10. Townsend AC,Scott PJ.,Igrowing toenail and onychogryphosis.,J Bone Joint Surg.48B,354-358,1966

  11. Whitney A.K,An Illustrate labiomatricectomy procedure.,J.Amer.podiat.Ass,57,169-172,1967

  12. 鬼塚卓弥, Ingrown nail爪刺(陥入爪)について,形成外科,10,96-105,1967
    陥入爪の原因は爪のトゲであることを明記している優れた論 文です。
    日本ではlabiomatricectomy(爪廓爪母切除術)を鬼塚法と呼びます。(注釈:町田)


  13. Cornelius,CE III, Shelley,WB,Pincer nail syndrome.,Arch. Surg. vol96, 321-322,1968
    重度の巻き爪をPincer nailと記載したおそらく初めて論文です。(注釈:町田)

  14. Ross.WR,Teatment of the ingrown toenail and a new anestheic method.,Surg.Chir,N.Amer.,49,1499,1969
    Phenol法についての論文。(注釈:町田)

  15. Mogensen, P,Ingrowing toenail,Acta Orthop Scandinav,42,94-101,1971

  16. Baran,R,Pincer and trumpet nails.,Arch.Dermatol.,110,639,1974

  17. 東 禹彦,爪甲における横溝形成の機序,臨床皮膚,31,785-790,1977

  18. Baillie,F.B & Evans,D.M,Ingrowing toenail in infancy.Brit. Med. J.,28,737,1978

  19. Farber,E.M.,South,D.A, Urea ointment in the nonsurgical avulsion of nail dystrophies.Cutis,22,689-692,1978

  20. 児島忠雄、室田英明、河野稔彦、伊藤隆義,Endonychia constrictiva(incurvated nail)とその手術法,形成外科,21,100-104,1978

  21. Hendricks WM,Congenital ingrown toe nails.,Cutis,24,393-394,1979

  22. Wallace WA, Milne DD, Andrew T.Gutter treatment for ingrowing toenails.,British Medical Journal.21,168-171,1979
    局所麻酔をして爪甲の縁にポリエチレンのチューブを入れる方法です。結局は普及しなかったですが、アイデアとしては素晴らしいと思います。これに超弾性ワイヤーを組み合わせれば良かったと思います。(注釈:町田)

  23. Palmer BV, Jones A., Ingrowing toenails: the results of treatment., Br J Surg. ,66(8):575-6. 1979
    245人に陥入爪の手術をしてアンケートを行い、208人から回答があった。再発率は爪の部分切除で83%、完全抜爪で70%、Zadik手術で28%、楔状切除(Wedge resection)で29%であった。陥入爪で爪を剥がすのは慎重にすべきであると結論づけている。町田が推察するに、弯曲爪を伴った陥入爪ではもっと再発率は高いでしょう。(注釈:町田)

  24. 工藤忍・他,変形爪の治療,臨床皮膚,35,847-853,1981

  25. 幸田衛、植木宏明,陥入爪手術療法の経過,西日本皮膚,43,790,1981

  26. 児島忠雄・他,Incurvated nailの検討と治療成績,形成外科,24,356-363,1981

  27. 南条文昭,変形爪の治療について,形成外科,24,364-372,1981

  28. Robb JE., Surgical treatment of ingrowing toenails in infancy and childhood., Z Kinderchir. Jun;36(2):63-5.,1982
    小児76人、110趾の陥入爪に初回手術をして、再発率41%でした。
    特に子供は爪矯正で良く治ると確認しています。(注釈:町田)


  29. 碓井良弘,Ingrown toe-nailに対するわれわれの治療法,形成外科,25,401-409,1982

  30. 大野宣孝・他,陥入爪の手術法,日形会誌,2,231-238,1982

  31. 本宮由貴、児島忠雄、土田義隆・他,足母趾末節骨の解剖ー特にlateral interosseous ligamentについてー,形成外科,25,532-,1982

  32. 児島忠雄,爪甲剥離子と爪甲剪刀,形成外科,26,626-,1983

  33. 尾郷 賢・他,爪床の再生と運命に関する仮説,形成外科,26,213-219,1983
    爪の本質について述べている優れた論文です。(注釈:町田)

  34. Robb JE., Z Kinderchir.,Apr;39(2):131-2. 1984
    小児69人に初回を手術69回行い、すべての方法を合わせた再発率は40%で、抜爪のみを行った場合には再発率54%、Zadik法では29%でした。抜爪を繰り返した場合には再発率100%でした。子供が何度も爪を剥がされるのは悲しいですから、私は時間が掛かっても爪矯正を続けようと思います。(注釈:町田)

  35. Klaue,P,Emmet Plastik In,Checkliste Ambulante Cirurgie.,Thieme,Stuttgart,p128, 1985

  36. 宇田川晃一,彎曲爪(Incurvated nail)の手術法,手術,34,249-253,1985

  37. 東 禹彦,匙状爪の発生機序,皮膚,27,29-34,1985
    常温重合レジンの人工爪(sculptured nail) (注釈:町田)

  38. 幸田衛・他,陥入爪の治療適応,西日本皮膚,48,300-303,1986

  39. 上村正躬,陥入爪(刺爪)の治療−−爪母基フェノール法の紹介,日医事新報,3244,14-18,1986

  40. 田中利治・他,爪白癬によると考えられた爪甲鉤弯症,皮膚臨床,28,1336-1337,1986

  41. Ogo K.,Does the nailbed really regenerate?,Plast Reconstr Surg,80,445-447,1987

  42. Pettine KA, Cofield RH, Johnson KA, Bussey RM., Ingrown toenail: results of surgical treatment. Foot Ankle. 9(3):130-4., 1988.
    陥入爪100人、142趾を手術して平均9.7年観察しました。
    爪部分切除にフェノール法は再発率20%(61爪縁に対し12カ所)、うち8カ所に再手術
    爪部分切除と爪母切除術(Heifetz法)は再発率6%(95爪縁に対し6カ所)でうち8カ所に再手術
    Zadik法(爪削りと爪母切除)は変形の強い例に行い、再発率33% (9爪縁に対し3カ所)でうち3カ所に再手術
    完全抜爪(Lapidus/Thompson-Terwillinger法)は再発率12% (17趾に対し2趾)で1趾に再手術しました。

    「根治術」は残念ながらあり得ないと考えます。そもそも、外胚葉性器官の形を手術で永久に変える事は出来ないと思います。顔の永久しわ取りが出来ないのと同じ事です。(注釈:町田)


  43. 桑名隆一郎・他,爪床爪郭弁法による陥入爪の手術法,臨床皮膚,42,179-182,1988

  44. 児島忠雄・他,末節切断による爪変形の治療,形成外科31,142-149,1988

  45. 波床光男・他,陥入爪の臨床的検討、原因と治療について,皮膚臨床,30,1145-1148,1988

  46. Wright G.,Laser matricectomy in the toes. Foot Ankle, Apr;9(5),246-247,1989
     「部分抜爪28例、全抜爪58例にレーザーを用いて爪が再び生えてくるかを見た。レーザーは従来の方法と比べて少し悪かった。」レーザーの機械が古いのかもしれません。どちらにしても、私はレーザーはこの目的には使いません。(注釈:町田)

  47. Ogo K,Split nails.,Plast Reconstr Surg,86,1190-1193,1990

  48. Hellmut Ruck,Das Buch der Fusspflege,Satz,Druck und Verarbeitung:DHW Waiblingen,Germany,1990
     "Spangen und Nagelprothesen"は爪矯正具の歴史について詳細に記載しています。Ruck氏はGoldspangeの開発者です。 (注釈:町田)

  49. Maeda N, Mizuno N, Ichikawa K.,Nail abrasion: a new treatment for ingrown toe-nails.,J Dermatol Dec;17(12):746-9,1990
     steel barを付けたgrinderで爪を薄く、柔らかくします。これは爪矯正と言える方法であり、素晴らしい論文です。私も爪が硬い場合には爪を削ってからマチワイヤを用いています。 (注釈:町田)

  50. 末武茂樹、藤山忠昭,陥入爪54例の検討,臨皮,44,249-251,1990

  51. Grieg,JD et al.,The surgical treatment of ingrowing toenails.,J Bone Joint Surg.,73B,131-133,1991
    部分抜爪、フェノール法の1年後の再発率は、それぞれ73%,9%と報告しています。(注釈:町田)

  52. Ilfeld FW., Ingrown toenail treated with cotton collodion insert., Foot Ankle, 11(5):312-3, 1991

  53. 碓井良弘,陥入爪治療における爪郭肉芽切除の役割,整形外科と災害外科 39,1677-1683,1991

  54. 碓井良弘,陥入爪の保存的治療成績の検討, 整形外科 42,1645-1654,1991

  55. Umeda T, Nishioka K, Ohara K.,Ingrown toenails: an evaluation of elevating the nail bed-periosteal flap.,J Dermatol Jul;19(7):400-3,1992
     巻き爪に対する爪甲の幅を狭くしない手術の優れた論文です。60例を手術して、2例が再手術を要したと記載しています。(注釈:町田)

  56. 碓井良弘,陥入爪の観血的療法,整形外科 43,1243-1252,1992

  57. 中村元信,他3名,片側陥入爪術後ケアの1工夫 (会議録),日本形成外科学会会誌 12巻 臨増春 Page51,1992

  58. 木股敬裕、上村正躬,フェノール法による陥入爪の治療成績,形成外科,35,179-190,1992

  59. 佐井嘉之,鈴木民夫,電気焼灼による陥入爪の治療,皮膚科の臨床 35巻 10号 Page1571-1574,1993

  60. 清水隆弘,倉本賢,伊藤孝明,外4名,当科における陥入爪の症例検討とその治療法について,臨床皮膚科 47巻 1号 Page21-24 ,1993
     爪甲の変形は骨棘の有無と関係している可能性に着目している優れた論文です。(注釈:町田)

  61. 堤正彦(東大分院皮膚),渡辺亮治,岩田充,外1名,陥入爪手術における後爪郭形成術の意義 爪床爪郭弁法に後爪郭形成術を加えた方法について,日本皮膚科学会雑誌,103巻7号, Page947-953,1993

  62. 東 禹彦,人工爪の陥入爪治療への応用,皮膚臨床,35,417-421,1993
    常温重合レジンの人工爪(sculptured nail)(注釈:町田)

  63. 東 禹彦・他,鉤彎爪の発症機序と原因,皮膚,30,620-625,1993

  64. 岡本泰岳・他,陥入爪解放療法における最近の改良点, 形成外科, 36,1261-1265,1993

  65. 三浦淳子,ドイツBernd/StolzのシステムによるB/S Braceの陥入爪に対する保存的処置法について,靴の医学,7,117-118,1993
      B/S braceと言うドイツ製のプラスチックの板を爪甲に張る爪矯正法。(注釈:町田)

  66. Baran,R.,RPR.Dawber,Diseases of the Nails and their Management.2nd ed.,Blackwell scientific publications. Oxford,1994

  67. 原口彰、陣内卓雄、加藤利樹、堤幸彦,陥入爪・彎曲爪二次手術例の検討,整形外科と災害外科 43,1497-1502,1994

  68. 後藤昌子,陥入爪手術(a)児島法 形成外科,37,S317-S319,1994

  69. 児島忠雄・二宮邦稔,巻き爪,形成外科,37,S329-S332,1994

  70. 中島龍夫・他,陥入爪手術(b)開放療法,形成外科,37,S321-S323,1994

  71. 津田邦義・他,過剰な肉芽増殖を伴った外傷後陥入爪の1例,形成外科,36,201-204,1994

  72. 木股敬裕・他,陥入爪手術(C)フェノール法,形成外科,37,S325-S328,1994

  73. 木島秀人・他,陥入爪手術(児島 I 法)の経験,形成外科,37,43-47,1994

  74. Kimata Y, Uetake M, Tsukada S, Harii K.,Follow-up study of patients treated for ingrown nails with the nail matrix phenolization method.,Plast Reconstr Surg, Apr;95(4):719-24,1995
     Phenol法537例の検討。再発率は1.1%とのこと。(注釈:町田)

  75. Parrinello,J.P.,Japour,C.J.,Dykyj,D.,Incurvated nail. Does tha phalanx determine nail plate shape?,J.American Podiatric Medical Association.85,696-698,1995
     「末節骨の形で爪の形が決まるか?」結論は「爪甲の近位の形は影響されるが、遠位の形は影響されない。」とする正しい論文です。 (注釈:町田)

  76. Bouche RT., Distal skin plasty of the hallux for clubbing deformity after total nail loss., J Am Podiatr Med Assoc. Jan;85(1):11-4. 1995

  77. 工藤厚,工藤忍,40%尿素軟膏の有用性−−変形爪の非観血的治療を中心として,別冊整形外科,28,175-179,1995
     私もこの方法をマチワイヤと併用しています。(注釈:町田)

  78. 森理,Nail Abrasionによる陥入爪の治療,皮膚臨床,37,579-582,1995
    爪を電動ヤスリで薄くして、平らにする方法です。私も賛成です。(注釈:町田)

  79. 米澤幸平、東山卓嗣,母趾陥入爪に対するフェノール法の経験,別冊整形外科,28,180-183,1995

  80. 尾郷賢,爪の疾患・外傷による爪変形の治療,MB,Orthop.9,45-51,1996

  81. 原田浩史、中西秀樹,爪甲が完全に覆われるほどの肉芽の過剰増殖をきたした陥入爪の1例,皮膚臨床,38(11),1741-1743,1996

  82. 町田英一、佐野精司、江川雅昭,陥入爪に対するコットンパッキングと形状記憶合金プレートによる矯正治療,靴の医学,10,56-60,1996  図表を除く全文

  83. 町田英一、佐野精司,形状記憶合金プレートによる小児の陥入爪の矯正治療の理論と実際,別冊整形外科「小児の下肢疾患」,No.32,196-199,1997
     まとめ : マチプレートにより陥入爪症候群の爪の横軸方向の弯曲を矯正する治療法について述べた。特に小児では爪の矯正治療に良く反応する。このプレートの材質が高価な事、貼り直しに手間がかかる事、この治療法について患者または家族の理解が必要な事が欠点である。
     マチプレートの矯正力はマチワイヤと比べると弱いのですが、爪の貼るだけですから、特に小児の陥入爪、巻き爪に適しています。(注釈:町田)

  84. 小川祐一郎, 巻き爪、鉤爪 OS NOW,26,足部疾患の治療Part2,115-121,メディカルビュー社,1997

  85. Nail splinting by flexible tube--A new noninvasive treatment for ingrown toenails,Klaus W. Schulte,Norbert J.Neumann,Thomas Ruzicka,Journal of the American Academy of Dermatology,39,629-630,1998
     爪の縁にビニール・チューブを挟んで爪が軟部組織に刺さらないようにする方法です。陥入爪の本質に目をつけた重要な論文であると思います。 私も炎症の強い陥入爪に対して、この方法をマチワイヤと併用しています。(注釈:町田)

  86. 町田英一,佐野精司,江川雅昭,弯曲爪に対する形状記憶合金プレートによる矯正治療,日本足の外科学会誌,1998  図表を除く全文

  87. 江川雅昭,形状記憶合金プレートを使用した陥入爪治療,大阪医学,32,1-3,1998 図表を除く全文

  88. Christa Stranak,Orthonyxie:Nagelkorrektur durch Spangen,Orthopaedieshuhtechnik,18-23,1999

  89. 矢永克,矢永博子,再発あるいは難治性の陥入爪に対する手術的治療,整形災害外科,42,601-605,1999

  90. 町田英一,5.足部の有痛性障害, A.足底筋膜炎および踵骨足底骨棘 B.胼胝、魚の目 C.陥入爪、弯曲爪(巻き爪) D.強剛母趾 E.Morton病、趾間神経腫 F.絞扼性神経炎,整形外科最新の治療,pp416-419,南江堂,1999

  91. 町田英一,C.成人編,第1章変形,5.爪の変形,足部診療ハンドブック(高倉義典、山本晴康、木下光雄 編集),pp210-214,医学書院,2000,1,15,東京

  92. Brown_RE; Zook_EG; Williams_J, Correction of Pincer-Nail Deformity Using Dermal Grafting. Plast Reconstr Surg, 105: 5, 1658-61, 2000
     手術で爪を平らにしようとすれば、このように複雑な方法をしかないでしょう。アメリカの形成外科医は徹底した手術を行うものだと感心しました。マチワイヤを使用すればこの手術は必要無いと思います。 (注釈:町田)

  93. Takahashi M, Narisawa Y.,Radical surgery for ingrown nails by partial resection of the nail plate and matrix using a carbon dioxide laser.,J Cutan Laser Ther, Mar;2(1):21-5,2000
     部分抜爪後に炭酸ガスレーザーの使用を勧めています。 (注釈:町田)

  94. 尾郷賢,形成外科,44巻, 増刊S255-258,2001
     町田の形状記憶合金プレートの文献について、一言述べていただいております。(注釈:町田)

  95. 江川雅昭,超弾性ワイヤーを利用した爪変形治療,大阪医学,35,76-78,2001
    大阪市梅田の江川整形外科形成外科は西日本で最もマチワイヤの経験が豊富です。

  96. 江川雅昭,超弾性ワイヤーを利用した爪変形治療,日本臨床整形外科医会会誌,26巻4号,118-120,2001

  97. 成田博実,巻き爪の根治術,臨床皮膚科,55,5(増刊),154-159,2001
     焼きペアン療法は焼いた器具で爪をつまんで矯正する方法です。手術は2例に魚口法を用い1例が再発した。児島法手術を8例に行い2例が再発したと報告しています。手術の問題点を明確にしている貴重な論文です。(注釈:町田)

  98. Gupta S, Sahoo B, Kumar B.,Treating ingrown toenails by nail splinting with a flexible tube: an Indian experience.,J Dermatol Sep;28(9):485-489, 2001
     チューブはインドでも有効であったと述べています。(注釈:町田)

  99. Niels Herald,Shirzad Houshian, Per Riegels-Nielsen,A prospective comparison of wedge matrix resection with nail matrix phenolization for the treatment of ingrown toenail.the Journal of Foot & Ankle Surgery,40,390-395,2001
     爪母の部分切除とPhenol法を比べて、Phenol法が優れていると述べています。(注釈:町田)

  100. Gerritsma-Bleeker CL, Klaase JM, Geelkerken RH, Hermans J, van Det RJ.,Partial matrix excision or segmental phenolization for ingrowing toenails.,Arch Surg, Mar;137(3):320-5, 2002
     爪母の部分切除とフェノール法を比べて成績に差がなかった。どちらも再発が多くて問題である。とする優れた最新の論文です。 欧米では、フェノール法の反省期に入っていると思われます。(注釈:町田)

  101. Abby NS,Roni P,Amnon BA, Yan P, Modified sleeve method treatment of ingrown toenail.,Dermatologic Surgery,28:852-855,2002
     チューブを縫いつける方法です。爪甲の縁をカバーして爪が伸びるのを待ちます。町田もマチワイヤと併用する事が頻繁にあります。チューブで爪が伸びるのを待ち、マチワイヤで弯曲を矯正します。(注釈:町田)

  102. 高橋修, 超弾性ワイヤーを用いた陥入爪の治療,小児外科,vol.35,no.8,932-936,2003
     マチワイヤを124例、204趾に使い結果は良好とのことです。(注釈:町田)

  103. 新井祐子,新井健男,中嶋弘,Eckart Haneke,陥入爪の簡単な保存治療法 アクリル固定ガター法、人工爪、テーピングを中心に,臨皮,57(5増),110-119,2003
     色々な治療法を紹介しています。(注釈:町田)

  104. Iida N, Ohsumi N., Treatment of severe deformities of the toenails by the modified Zadik method with artificial skin., Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg.,38(3),155-9. 2004

  105. Dolce MD, Baruch K, Adamov DJ., The use of the distal Syme's procedure for treating onychopathy., Clin Podiatr Med Surg. Oct;21(4):689-96, 2004
     完全抜爪についての論文です。

  106. 倉片長門, 鈴木啓之,陥入爪の成因の検討ならびに陥入爪に対するVHO法の効果について,日皮会誌,114(2),173-178,2004
     爪矯正の重要性が記載してあり、嬉しく思います。VHOを61例に使い軽症例に勧めています。でも町田はマチワイヤを勧めます。(注釈:町田)

  107. 中村洋,低侵襲な陥入爪治療の一工夫,整形外科,Vol.55,456-457,2004
     軽症例に対するミニ・ルーターにより爪縁を削る方法です。私も厚い爪を削ってからマチワイヤを入れています。(注釈:町田)

  108. 中村周,大塚悟朗,北田一史,島村崇,木戸健介,甲斐敏晴,巻き爪に対する新しい爪形成術,整形外科,Vol.56,1751-1754,2005
     局所麻酔をして、爪に溝を掘り、爪を平らに矯正して接着剤で固定する方法です。症例により良い方法と思いますが、麻酔を使いますし、一瞬で矯正しますから爪がネイル・ベッドから剥がれる危険が有ると思います。技術的に難しい方法だと思います。(注釈:町田)

  109. 畠山昌樹、橋本道夫,超弾性ワイヤーによる陥入爪の保存的治療,東北整災誌,Vol.48,No.1,74-75,2004
     10例14趾の報告です。根気のいる治療に挑戦し、多くの患者様に喜ばれているのがうれしいです。(注釈:町田)

  110. 門野邦彦,田中康仁,仲川喜之,谷口晃,高倉義典,超弾性ワイヤーを使用した陥入爪治療の経験,中部整災誌,47,1043-1044,2004
     12例の報告です。御指摘のように「再発があるが、この治療は痛みがないので再発したら再度治療を繰り返す。」御意見に大賛成です。(注釈:町田)

  111. 内山晉,陥入爪の治療 ー新しい彎曲矯正法の試みとその成績,臨床外科,60(6),791-796,2005
     爪にV字型の溝を長軸方向に掘り、平らに折って、接着剤で固定します。方法は異なりますが、一瞬で矯正しますから爪がネイル・ベッドから剥がれる危険が有ると思います。私はマチワイヤでゆっくりと治す方が軟部組織も改善されるので、好んでいます。(注釈:町田)

  112. 是枝哲,谷崎英昭,宮地良樹,超弾性ワイヤーによる陥入爪の治療経験,皮膚の科学,第4巻,第4号,415,2005 (会議録)
     「非常に簡単」「麻酔も不要」「装着後すぐに痛みがなくなる」とマチワイヤを評価いただきました。(注釈:町田)

     
  113. 田中達朗,陥入爪、巻き爪に対する超弾性ワイヤーの使用経験,西日皮膚,67巻,1号,76,2005 (会議録)
     「10例に施行し, 平均4.5ヵ月後に確認して60%が治癒、40%が再発し、全例が爪矯正を希望している。」私の経験でも爪矯正後に再発しても、手術を希望する患者さんは皆無です。手術でも5から10年後に再発が多く見られます。ネイル・マトリックスまで巻いている例では2ヵ月ごとに数年間にわたり爪矯正を続けるようにお勧めしています。(注釈:町田)

     
  114. 町田英一,巻き爪を伴う嵌入爪,手術,Vol.60,No.4,461-466,2006

  115. 青木文彦, 巻き爪・陥入爪に対する爪矯正治療(超弾性ワイヤー式爪矯正),PEPARS(ペパーズ),No.13,57-61,2007
    引用 :「この5年間で1500例以上本法を施行する間に手術例はわずかに10数例という比率は、本法が従来の手術的治療に代わり得る優れた方法であることを示唆している」
    素晴らしい内容です。私も手術と保存療法を使い分けています。(注釈:町田)


  116. 山田潔, 木股敬裕,陥入爪に対するフェノール療法,PEPARS(ペパーズ),No.13,75-80,2007
    優れた内容です。(注釈:町田)

  117. 米田敬,陥入爪の解放療法 -適応と術式の変遷-,PEPARS(ペパーズ),No.13,75-80,2007

  118. 島倉康人, 陥入爪治療と側骨間靱帯について,MB Derma(デルマ),123,28-33,2007

  119. 塩之谷香、鶏眼・胼胝・陥入爪に対する靴の影響, MB Derma,123,52-59,2007

  120. 塩之谷香、平田仁, ひょう疽・爪周囲炎 ー陥入爪を伴う場合を中心にー, MB Orthop 20(3) : 17-25, 2007

  121. 谷口由紀、原田輝一、炭酸ガスレーザーによる陥入爪の治療, MB Derma,128,25-29,2007

  122. 大隅昇、陥入爪の手術的治療, MB Derma,128,30-33,2007

  123. 石川博彦, フェノール法による陥入爪の治療、MB Derma,128,34-41,2007

  124. 町田英一、マチワイヤ、マチプレートによる巻き爪矯正治療, MB Derma,128,42-48,2007

  125. 林雅裕, 巻き爪(爪甲過彎曲症の手術的治療、MB Derma,128,49-55,2007



ホームに戻る